PythonnetはPythonをMicrosoft.Netにもたらします

Pythonnetパッケージは、Python開発者にMicrosoftの.Net共通言語ランタイムとその言語のCPython実装との間の相互運用性を提供します。

Python for .Netとも呼ばれるこのパッケージを使用すると、開発者は、CLRを対象とする任意の言語で構築された.Netサービスとコンポーネントを使用して、.Netアプリケーションのスクリプトを作成したり、アプリケーション全体をPythonで構築したりできます。また、アプリケーションスクリプトツールを提供し、Pythonコードを.Netアプリケーションに埋め込むことができます。ただし、制限があります。

「このパッケージはPythonをファーストクラスのCLR言語として実装していないことに注意してください。Pythonコードからマネージコード(IL)を生成しません」とGitHubの説明は述べています。「むしろ、これはCPythonエンジンと.NetまたはMonoランタイムの統合です。」

したがって、開発者は、Pythonコードのネイティブ実行速度を維持しながら、CLRサービスと既存のPythonコードおよびCベースの拡張機能を使用できます。PythonnetチームはCLRサポートに取り組んでおり、.Net固有の場合を除いて、Pythonで期待されるとおりにPythonnetを機能させたいと考えています。この場合、開発者がC#で期待するとおりに機能することを目的としています。

Windowsでは、Pythonnetはバージョン4.0の.Net CLRをサポートし、Mono、オープンソース、クロスプラットフォームの.Netフレームワーク、Linux、およびMacOSで動作します。Pythonの純粋なマネージコード実装の場合、Pythonnetビルダーは、.NetFrameworkと統合されたPythonのオープンソースバージョンであるIronPythonを推奨します。

Pythonnetは、Pythonの人気が高まっているもう一つの例であり、人工知能アプリケーションでの使用が促進され、使いやすさで高く評価されています。Googleは、最近のGrumpyプロジェクトで、Pythonを検索大手の独自のGo言語に橋渡しし始めました。