AppSenseユーザー仮想化ソリューションは、デスクトップ仮想化の採用を支援します

AppSenseは最近、Citrix Synergy San Francisco2010でCitrixReady Solution Partner of theYearに選ばれました。これには正当な理由があります。AppSenseソリューションは、CitrixXenDesktopおよびCitrixXenApp製品に大きなメリットをもたらし、ユーザーの採用と満足度を最大限に高めます。

AppSenseソリューションは、ユーザー仮想化と呼ばれるものを提供します。これは、まだ初期段階にあるテクノロジーです。そのため、メディアでのエアプレイはあまりありません。ユーザーの仮想化についてはあまり議論されていないため、テクノロジーやその使用方法を完全に理解していることは言うまでもなく、テクノロジーについてまだ聞いたことがないかもしれません。

[マカフィーとシトリックスは協力して、仮想化環境のセキュリティ管理を簡素化します| の仮想化チャネルを使用して仮想化の最新情報を入手してください]

Citrix Synergy Conferenceに参加している間、AppSenseチームの人々と話をして、ユーザーの仮想化について理解を深めることができました。また、彼らのソリューションのデモを入手し、なぜ彼らがCitrix賞を受賞したのかを直接見ました。

AppSense仮想化ユーザーインフラストラクチャは、ユーザーに固有のすべてを管理します。ユーザー環境には、ユーザーベースの企業ポリシー、パーソナライズ設定、ユーザー権利管理、およびユーザーが導入したアプリケーションが含まれています。このテクノロジは、物理世界と仮想世界(およびその逆)で機能し、Windows XP、Vista、Windows 7、Windows Server2008などのオペレーティングシステムバージョン間で機能します。

このユーザー仮想化テクノロジーとAppSenseがこの市場で何をしているのかを知るために、私はAppSenseのエンジニアリング担当副社長であるSimon Rustに追いつき、完全な情報を入手することができました。

:ユーザーの仮想化は比較的新しい製品のようです。ユーザーの仮想化と言うとき、少し背景を説明したり、人々が正確に何を意味するのかを説明していただけますか?

AppSense:過去30年間、従業員にコンピューティング機能を提供する主な方法はデスクトップPCでした。このクライアントコンピューティングの分散モデルでは、デスクトップは、オペレーティングシステム、アプリケーション、およびユーザー情報で構成される1つの全体的な資産であり、すべて1つのハードウェアに関連付けられています。

最近、この変更が、オペレーティングシステム、アプリケーション、およびユーザーデータが独立して管理できる3つの個別のコンポーネントまたはレイヤーに分割されるコンポーネントモデルに変更されました。ユーザー仮想化は、オペレーティングシステムやアプリケーションとは別に、ユーザー固有の情報の第3層を管理する方法であり、オンデマンドで任意のデスクトップ配信メカニズムに適用できます。