Exchange2013の8つの優れた新機能

Exchange MVPとして、私はMicrosoftExchangeのアーキテクチャと機能の変更に常に興奮しています。また、Windows 8、Office 2013、およびWindows Server 2012ですべての注目を集めていることを考えると、今後のExchange2013には見逃した可能性のある多くの変更があります。

プレビューバージョンに基づいて、Exchange管理者がExchange2013に期待できることは次のとおりです。

[Windows Server2012の新機能の詳細を入手してください。| マイクロソフトのテクノロジ:マイクロソフトニュースレターで、主要なマイクロソフトテクノロジに遅れないようにしてください。]

Exchange Administration Center: EACは、「あなたはそれに乗っています、おい!」という言葉を思い起こさせます。はい、Exchangeの新しい管理コンソールについて考えるときはいつでも、「ファインディング・ニモ」の行を考えずにはいられません。しかし、真剣に、GUIベースのEMC(Exchange管理コンソール)とWebベースのECP(Exchangeコントロールパネル)は、率直に言って、すべての新しいExchange2013機能の中で私の最も嫌いな単一のWebベースのUIに置き換えられています。管理用のWebベースのコンソールは好きではありません。彼らはいつも不格好で不親切に感じます。さらに、それはそのメトロの外観を持っているので、私は冷たくなります。慣れられるか見ていきます。

Exchangeアーキテクチャの改訂: Exchange 2007および2010は、主に、Exchangeが1つのモノロシックアプリケーションとして実行されている場合に発生するCPUパフォーマンスなどのパフォーマンスの問題に対処するために、5つのサーバーの役割に分けられます。ただし、Microsoftはパフォーマンスの面で進歩を遂げているため、Exchange 2013には、クライアントアクセスサーバーの役割とメールボックスサーバーの役割の2つの役割しかありません。メールボックスサーバーの役割には、すべての一般的なサーバーコンポーネント(ユニファイドメッセージングを含む)が含まれ、クライアントアクセスサーバーの役割は、すべての認証、リダイレクト、およびプロキシサービスを処理します。 Exchange2013はExchange2010エッジトランスポートサーバーの役割で展開できますが、2013エッジの役割はRTM後に計画されています。

新しいマネージストア:ストアサービスは、マネージコード(C#)で完全に書き直されました。この変更は、可用性と復元力の向上という点で良い兆候ですが、多くの管理者が望むように、ESE(Extensible Storage Engine)データベースエンジンがSQLに置き換えられたことを意味するわけではありません。 Exchange 2013は、データベースエンジンとしてESEを引き続き使用します。ただし、各データベースは専用のワーカープロセスで実行されるため、1つのデータベースでプロセスがハングしても、他のデータベースで問題が発生することはありません。高速検索(SharePoint 2010のアドオン)も管理対象ストアに統合されており、検索とインデックス作成が改善されています。

最新のパブリックフォルダ:パブリックフォルダ(将来のリリースで約束されているもの)を削除するだけでなく、Microsoftはそれらを再び採用しました。これらは、個別のパブリックフォルダ管理コンソールを介して管理されなくなりました。代わりに、EACを介して管理されます。これにより、パブリックフォルダメールボックスになります。つまり、通常のメールボックスデータベースを使用します。つまり、ディザスタリカバリ用のデータベース可用性グループの一部にすることができます。

多くのPowerShellコマンドレット: 13個のコマンドレットが削除されましたが(多くは古いパブリックフォルダーの管理に関係しています)、Exchange2013には187個の新しいPowerShellコマンドレットがあります。これは、最終バージョンが来年出荷されるときの最終的な集計ではないかもしれませんが、コマンドライン管理ツールがまだ成長していることを示しています。PowerShellを学ぶようにみんなに言ったとき、私は何年も前に冗談を言っていませんでした。それは消えません。