PythonがRedMonk言語ランキングで上昇

PythonはJavaScriptに次ぐ2位で終了しましたが、RedMonkプログラミング言語ランキングの6月版ですが、1月にJavaと提携した後、2位を独占したため、レポートの最大の勝者と見なされています。RedMonkのランキングは6か月ごとに公開されます。 

2012年にランキングが始まって以来、JavaやJavaScript以外の言語が単独で2位を占めるのはこれが初めてであり、Javaが1位または2位よりも低くランク付けされたのは初めてです。説明として、RedMonkは、Pythonは何千もの小さなプロジェクトの接着剤であり、RedMonkのランキングのデータを取得するいくつかのプロジェクトを含む無数の個人用スクリプトの基礎であると述べました。同社は、Pythonがデータサイエンスなどの分野でもニッチを見つけたと述べた。

RedMonkは、Javaが開発者の時間と注意をめぐって今ほど競争に直面したことは一度もないと述べた。Javaは今後数年間企業の主力となるが、同社はJavaの卓越した地位はもはや保証されていないと述べた。(Javaは最近、5年以上トップに立った後、Cに次ぐTiobe言語ランキングでも2位に落ちました。)

RedMonk言語のランキングは、GitHubとStackOverflowの分析から抽出されています。GitHubの場合、RedMonkはGitHubアーカイブを利用して、プルリクエストに基づいて言語をクエリします。Stack Overflowの場合、言語に関する議論が評価されます。

また、6月のランキングでは、Rustが初めてトップ20にランクインし、20位にランクインしました。5年前に48位になりました。6月のレポートで19位にランクされたKotlinは、5年前に68位にランクされました。

2020年6月のRedMonkランキングのトップ20は次のとおりです。

1. JavaScript

2.Python

3.Java

4.PHP

5. C ++およびC#(同点)

7. RubyとCSS(同点)

9.TypeScript

10. C

11. SwiftとObjective-C(同点)

13. R

14. Scala

15.ゴーアンドシェル(ネクタイ)

17.PowerShell

18.Perl

19. Kotlin

20.さび