マイクロソフトは7月13日にWindows2000、XPSP2のサポートを終了します

マイクロソフトは、自社製品の5年間のサポートと、さらに5年間の延長サポートを提供しています。その時間は、Windows 2000(デスクトップとサーバー)とWindows XP SP2で間もなく終了します。7月13日は、拡張サポートが利用可能になる最後の日です。

Microsoftによると、セルフヘルプのオンラインサポート(Microsoftのオンラインナレッジベースの記事、FAQ、トラブルシューティングツール、その他のリソースなど)は、少なくとも1年以上利用できるようになります。ただし、有料サポート、サポートアシスタンス、およびセキュリティアップデートは7月13日に廃止されます。

[エディターの21ページのWindows7 Deep Dive PDF特別レポートで、Windows7の展開と使用に必要なすべての詳細を入手してください。| そして、今日、のテクノロジー:Windowsニュースレターを購読してください。]

Windows 2000を使用している場合は、より新しいバージョンのWindowsに移行する必要があります。または、Microsoftのサポートがない状態で使用する必要があります。マイクロソフトには、Windows 7(デスクトップの場合)またはWindows Server 2003、2008、または2008 R2(サーバーの場合)への移行に関するアドバイスを提供するWindows2000エンドオブサポートセンターがあります。

Windows XP SP2以前を使用している場合は、Microsoftサポートを引き続き無料で簡単に利用できます。SP3にアップグレードするだけです。これは、InternetExplorerのWindowsUpdateユーティリティを介して実行できます。または、サポートの終了日を、多くの企業が現在行っているWindows7への移行のインセンティブとして使用します。

サービスパックがインストールされていないWindowsVistaを使用している場合、Microsoftのサポートは4月13日に終了しましたが、継続的なサポートのために無料でSP2にアップグレードできます。

この記事「Microsoftは7月13日にWindows2000、XP SP2のサポートを終了する」は、もともと.comで公開されていました。ビジネステクノロジーニュースの最新動向をフォローし、デイリーニュースレターとinfoworldmobile.comのモバイルデバイスで毎日重要なストーリーのダイジェストを入手してください。