オラクルは7月11日に11gデータベースを立ち上げる

Oracleはついに、データベースの次のメジャーリリースのリリース日を約束しました。適切には、ベンダーは7月11日にOracle Database11gを発表する予定です。

オラクルは水曜日に、ニューヨークで開催され、チャールズ・フィリップス社長とオラクルのデータベースおよびサーバー技術担当上級副社長であるアンディ・メンデルソンが主催するローンチイベントについて招待状を送りました。

ベンダーの主要なデータベースの競合相手はIBMとMicrosoftです。

オラクルは、サンフランシスコで開催されたOpenWorldカンファレンスで10月に11gの基礎を築き始めました。そこでは、幹部が次のリリースについて一般的な言葉で話し合いました。

彼らは、データベースは高可用性、パフォーマンス、スケーラビリティ、管理性、およびベンダーが「診断可能性」と呼んだものの改善を特徴とするだろうと述べました。さらに、経営幹部は、顧客のストレージ需要を3分の2削減できる可能性のある新しい圧縮テクノロジーと、11gが従来のファイルシステムよりも高速に非構造化データを保存できることについて言及しました。新しいデータベースには、さまざまなパーティション分割機能も含まれることが期待されています。

オラクルは、4月にラスベガスで開催されたCollaborate Oracleユーザーグループ会議で、同様の大まかな言葉で11gについて再び話し合いました。ベンダーが、管理、セキュリティ、データ復旧を含む新しいデータベースで対処したいと述べた顧客の問題。

9月以降のベータテストでは、Oracle Database11gは10gリリース1および2の後継です。番号に続く「g」はグリッドコンピューティングを示します。オラクルは、2004年2月に10gの最初のリリースを出荷しました。