GitHubのAtomテキストエディターの新機能

GitHub Atomによって開発され、Electronフレームワーク上に構築されたテキストエディターであるAtomは、GitHubパッケージング、PythonおよびHTML言語機能を中心とした改善によりアップグレードされました。そして、新しいベータ版も進行中です。

Atomをダウンロードする場所

AtomはプロジェクトのWebサイトからダウンロードできます。

次のバージョン:Atom1.26ベータ版の新機能

Atomベータチャネルで利用可能なAtom1.26ベータ用に計画されている機能は次のとおりです。

  • GitHubパッケージのGitペインには、クイックリファレンスとして役立つ最近のコミットのリストが表示されます。
  • Git認証ダイアログには、ユーザー名とパスワードを保存するための[記憶]チェックボックスがあります。
  • OSがイベントを監視できない場合、ファイルシステムウォッチャーはポーリングにフォールバックするようになりました。
  • 実験的なファイルシステムが追加され、リソースの消費を削減し、多くのディレクトリを調べるときにスケーラブルになりました。
  • Teletypeワークスペース共有機能を使用してコーディングする場合、開発者はファジーファインダー機能を使用して、ホストによって共有されているファイルをすばやく開くことができます。

現在のバージョン:GitHub1.25の新機能

2018年3月15日に「ハッキング可能な」エディターの安定したチャンネルにリリースされました。最新バージョンの改善点は次のとおりです。

  • エディターのGitHubパッケージを使用すると、開発者はファイルモードとシンボリックリンクの両方に関連する変更をステージングおよび表示できます。
  • 新しい構成設定は、ミニエディター内で作成されたコミットメッセージを72列にハードラップするかどうかを制御します。
  • フルペインエディタで作成されたメッセージは、そのまま保持されます。
  • GitHubパッケージのdiffモードは、ユーザーがスクロール位置をリセットしたくない場合に、スクロール位置をリセットしなくなりました。
  • Pythonソースを編集する場合、トークナイザーは非同期関数、バイナリ文字列、関数アノテーション、f文字列、および文字列フォーマットをサポートします。HTMLドキュメントの場合、Atom1.25style属性がCSSとしてトークン化されるようになりました。
  • 構文の強調表示とコード折り畳みのために、ツリーシッターと呼ばれるインクリメンタル解析システムがベータ形式で利用可能です。Tree-sitterは、高級言語へのバインディングを介して使用されるCライブラリです。ツリーシッターは現在デフォルトで無効になっていますが、ユーザーツリーシッターパーサー設定でオンにできます。

進行中:Atomは本格的なIDEになりつつあります

Atomは、エディターを本格的なIDEにするための前兆として、IDEのような機能を備えています。

AtomのテキストエディターからIDEへの移行の最初のステップは、2017年9月にリリースされたAtom-IDEと呼ばれるFacebookで開発された機能のオプションパッケージです。

パッケージに含まれるもの:

  • よりスマートなコンテキストアウェアオートコンプリート
  • 外形図
  • go to 定義
  • すべての参照を見つける機能
  • ホバーして表示する情報
  • 警告(診断)
  • ドキュメントのフォーマット

初期リリースには、TypeScript、Flow、JavaScript、C#、およびPHPのパッケージが含まれています。これらのパッケージは、言語サーバーを使用してコードとプロジェクトを分析します。したがって、GitHubは、言語サーバープロトコルをサポートしているMicrosoftやRedHatなどの他の企業に加わります。Rust、Go、Pythonのサポートは後で行われる可能性があります。

GitHubによると、言語用の言語サーバーが存在する場合、開発者はAtom言語クライアントのNPMライブラリを使用して、それを利用する独自のAtom-IDEパッケージを簡単に作成できます。これにより、主要機能への一般的な自動接続と、サポートファイルのダウンロードや変換などのヘルパーツールが提供されます。

Atom-IDEの使用を開始するには、開発者はAtomの[パッケージのインストール]ダイアログを表示し、atom-ide-uiパッケージを検索してインストールし、IDEユーザーインターフェイスをアクティブにして、ide-typescript、ide-などの必要な言語サポートをインストールする必要があります。 flowtype、ide-csharp、ide-java、およびide-php。

以前のバージョンで追加された機能

アトム1.20

バージョン1.20でのGit統合を改善するために、diffビューが作り直され、保留中のペインのサポートと複数の同時ビューが提供されます。さらに、ドキュメントによると、ユーザーはメインエディターでコミットメッセージを作成できるようになりました。

Atom 1.20には、PHP文法の修正も含まれています。検索および置換機能を改善するために、1.20リリースのコンテキスト行がオプションで「プロジェクト内検索」の結果とともに表示されます。ユーザーは、パッケージ設定で一致の前後に使用可能な行数を設定し、結果を表示するときに表示をインラインで変更できます。

アトム1.19

Atom 1.19リリースでは、ネイティブC ++テキストバッファーが応答性とメモリ使用量を向上させます。ファイルの保存は、UIをブロックすることなく非同期で行われます。また、大きなファイルはより少ないメモリを消費するようになりました。

パフォーマンスを向上させ、コードを簡素化するために、DOMインタラクションレイヤーが書き直されました。書き直されたレイヤーは、新しいブラウザー機能と仮想DOM機能を活用します。この書き直しは、ブラウザーのスタイルとレイアウトの範囲を制限するためのCSS包含境界を含むAPIに対応し、要素のコンテンツ長方形のサイズが変更されたときに通知するオブザーバーのサイズを変更することも目的としていました。

アトム1.17

Atomの1.17エディションでは、「ドック」と呼ばれる新しいUIコンポーネントが導入されました。これは、エディターでサイドドッキングまたはボトムドッキング可能なツールパネルを提供する方法です。Visual StudioやEclipseなどのIDEには、しばらくの間ドックのようなコンポーネントがありましたが、現在、Atomはそのようなコンポーネントをコア要素として追加しています。

GitHubのブログ発表によると、Atom開発者はドックを操作するための高レベルAPIを利用できるため、「さまざまなパッケージ作成者によって作成されたツールパネルが一貫して画面領域を共有できます」。

ドックメタファーを使用する最初のアドオンの1つは、Atom用のベータ版GitHubです。これにより、開発者は、現在フォーカスされているビューでサイドパネルを使用して、変更のステージング、コミットの作成、さまざまなコードブランチの操作、およびマージの競合の解決を行うことができます。