Oracleでは、JavaSEを使用するためのサブスクリプションが必要になりました

オラクルは、Java SE(Standard Edition)の商用サポートプログラムを刷新し、企業が1回限りの永久ライセンスと年間サポート料金を支払う代わりにサブスクリプションモデルを選択しました。サブスクリプションは2018年7月に利用可能になります(個人的な非営利目的の使用は引き続き無料であり、サブスクリプションは必要ありません。)

Java SEサブスクリプションと呼ばれる、ミッションクリティカルなJava展開用の新しいプログラムは、Advanced Java ManagementConsoleなどの機能を備えた商用ライセンスを提供します。また、Oracle Premier Supportは、現在および以前のJavaSEリリースに含まれています。これは、Java SE 8の新規展開に必要であり、Java SE 7のサポートが含まれています(2019年1月の時点で、Oracleは、Java SE 8の更新を継続して取得するために、企業のサブスクリプションが必要になります。)

Oracle JavaSEサブスクリプションのコスト

サーバーとクラウドインスタンスの価格は、プロセッサあたり月額25ドルで、ボリュームディスカウントが利用可能です。PCの場合、価格はユーザーあたり月額$ 2.50から始まり、ボリュームディスカウントもあります。1年、2年、および3年のサブスクリプションが利用可能です。オラクルは、新しいJavaSEサブスクリプションプランの条件を公開しました。

Java SE Advancedプログラムの以前の価格は、各サーバープロセッサのライセンスに5,000ドル、サーバープロセッサごとに年間サポート料金1,100ドル、指定ユーザーごとに1回限りのライセンス料金110ドル、指定ユーザーごとに年間サポート料金22ドルでした(各プロセッサには最低10ユーザーがいます)。Oracleには、他のJavaライセンスと同様の価格の組み合わせがあります。

JavaSEサブスクリプションの対象

JavaSEサブスクリプションの機能は次のとおりです。

  • 公開更新終了(EoPU)時間を過ぎた一部のOracle JavaSEバージョンへのアクセス。
  • 重要なバグ修正への早期アクセス。
  • クラウド、サーバー、およびデスクトップ展開のライセンスとサポート。
  • パフォーマンス、安定性、およびセキュリティの更新。
  • エンタープライズ管理、監視、および展開機能。
  • 24時間サポート。

これが年2回のJavaリリースにどのように影響するか

オラクルは、Java SEの6か月のリリース期間を実装しており、Java Development Kit 10は2018年3月に出荷され、次のバージョンであるJDK 11は2018年9月に出荷されます。JavaSEサブスクライバーは、このスケジュールに遅れずについていくことができます。本番アプリケーションが新しいリリースに移行するとき。それは彼らの選択です。サブスクライバーは、最長8年間の長期サポート(LTS)リリースを更新することもできます。

更新しないとどうなりますか

ユーザーがサブスクリプションを更新しない場合、ユーザーはサブスクリプション中にダウンロードされた商用ソフトウェアに対する権利を失います。OraclePremierSupportへのアクセスも終了します。オラクルは、サブスクリプションが終了する前に、GPLの下で提供される会社からOpenJDKバイナリへの移行を更新しないことを選択することをお勧めします。そうすることで、ユーザーはアプリケーションを中断することなく実行し続けることができます。