Western Digital、HGSTが最も信頼性の高いハードドライブのリストのトップ

昨年、クラウドバックアップサービスのBackblazeは、データセンターで数万台のドライブがハミングしているメーカーとモデルに関する統計を処理しました。HitachiとWesternDigitalがトップになりました。シーゲイト、それほど多くはありません。

現在、Backblazeは、カスタム設計されたオープンソースのストレージポッドドライブラックで実行されている消費者レベルのドライブから収集された、もう1年分の統計情報で戻ってきました。前年の2倍以上の大きさのデータセットから集められた結果は、以前の調査結果と一致します。

日立(現在はWestern Digitalの子会社であるHGST)は、調査したメーカーとモデルの中で最も故障率が低くなっています。Western Digital自体が2位で、HGSTよりもわずかに印象的ではありませんでした。「HGSTとSeagateからの4TBドライブの現在の収穫を打ち負かすのは難しい」とBackblazeはブログ投稿で述べた。

Backblaze

一方、シーゲイトは別の話です。そのドライブは最初のラウンドアップではうまく機能せず、今年は年間43%もの故障率を記録しました。昨年と同様に、その4TBモデルは他の製品よりもはるかに耐久性があり、前年の約半分の速度で故障しました。

Backblazeの失敗とは何ですか?明らかな機械的な問題(ドライブがスピンアップしない、またはOSによって認識されない)を除いて、Backblazeには、RAIDアレイと適切に同期しないドライブ、または許容範囲外の報告されたSMART統計が含まれていました。この最後の基準は注意が必要です。 Backblaze自体は、SMART統計レポートが多くのドライブ間で一貫していないことを指摘しています。とは言うものの、同社は、修正不可能なエラー数や再割り当てされたセクターの数など、いくつかの最も重要な基準が、ドライブプールで見られるものに基づく障害の信頼できる指標であると考えています。

最良の結果は4TBドライブであり、HGSTとSeagateの両方で、前年の統計から故障率が著しく低下しました。しかし、3TBドライブはそれほど印象的ではなく、Backblazeは、将来の投稿でSeagateの目覚ましい故障率の背後にある物語を掘り下げることを約束しました。 Western Digitalは実行中に4TBドライブを持っていませんでしたが、Backblazeは同社のラインであるWestern DigitalRedの6TBドライブを使用しました。年間を通じて障害統計は5%未満でしたが、Backblazeは、堅牢な障害統計を計算するのに十分な期間、障害統計を使用していないと警告しました。

Western Digitalは、日立のハードドライブ事業を買収し、2012年にHGSTに転換しました。もともとは、IBMと日立がハードディスク製造の懸念を統合した2003年に作成されました。 Backblazeの分析でプロファイルされたHGSTドライブは、すべてDeskstarまたはMegascaleモデルであり、後者は「年間180TB以内で動作する低アプリケーションワークロード」用に設計された4TBドライブで構成されていました。 HGSTのラインナップの他のドライブには、ヘリウムを充填した8TBおよび10TBドライブが含まれ、ヘリウムはより大きな容量とより低い消費電力を提供しますが、Backblazeはテストでこれらのドライブを使用せず、代わりに大量に購入した低コストの消費者向けドライブを使用することを好みます。

Backblazeはそのデータセンターを目を見張るような、時には激しく争われる洞察の源として使用してきました。2014年のハードドライブの信頼性レポートから間もなく、同社はドライブの寿命に対する冷却の影響を分析しました。ドライブを推奨動作温度よりも低く保つことは、ドライブの寿命に認識できる影響を与えないことがわかりました。誰もが結論に同意したわけではありませんが、Backblazeの根底にある使命に誤りを見つけることができる人はほとんどいませんでした。

数値を自分で計算したい人のために、Backblazeは2014年のドライブプール調査からの生データを、故障率の計算方法の詳細とともに、今後数週間で利用できるようにする予定です。