Homebrewチュートリアル:MacOSでHomebrewを使用する方法

最初はコマンドラインでした。これはほとんどすべてのオペレーティングシステムに当てはまりますが、途中でグラフィカルユーザーインターフェイスがコンピューターの「顔」になり、古いハッカーやイニシエーターだけがコマンドラインコンソールやターミナルを開く方法さえ知っていました。

多くのMacユーザーは、ターミナルアプリを開かなくても、Bashシェルにコマンドを入力することなく、驚くほどうまく管理できます。Lightroomで静止画像を編集することに一日を費やしている場合、MacOSコマンドラインはおそらくほとんど役に立ちません。

より技術的なユーザー、特にソフトウェア開発者は、日常的ではないにしても、少なくとも時々シェルで作業する必要があります。UnixまたはLinuxのバックグラウンドを持つ技術ユーザーは、MacOSの中心がBSD Unixシステムであるにもかかわらず、通常のユーティリティのすべてが工場出荷時にMacOSにインストールされているわけではないことに気付くでしょう。

ソフトウェア開発者およびソフトウェアレビュー担当者として、私はしばしばこの問題に遭遇します。初めてそれが起こったとき、私はLinuxおよびLinuxのようなシステム(当時知られているMac OS Xなど)で動作することを目的としたオンラインインストール手順に従っていましたが、実際には1つまたは2つのディストリビューションでしかテストされていませんでした。 Linux。提供されたインストールコマンドはwget、Webからファイルを非対話的にダウンロードするためのユーティリティに基づいていました。

私にとって残念なことにwget、Macにはインストールされていませんが、多少似たcurlユーティリティはインストールされています。wgetオプションをcurlオプションに変換することは、私が必要としなかった厄介な追加のステップでした。の再帰的なダウンロードの欠如はcurl、HTMLドキュメントをダウンロードするための完全なショートッパーでした。

Appleには、新しいコマンドラインユーティリティを追加するための公式のメカニズムはありません。パッケージマネージャー用にあるのはAppStoreですが、これはアプリケーション(アプリ)専用です。Webで「wgetnotfound mac」を検索したところwget、ソースコードからビルドするなど、問題を解決する方法がいくつかあることがすぐにわかりました。これらの中で、最も頻繁に推奨されたのは自作でした。

自作とは何ですか?

Homebrewは自分自身を「MacOS用の不足しているパッケージマネージャー」と呼んでいます(私の強調)。それは気難しいですが、少しキャバリアーです。自作は確かにあるMacOSのためのパッケージマネージャが、そのようなMacPortsのとフィンクなどの他は、あります。さらに言えば、App Storeはパッケージマネージャーですが、AppStoreアプリに特化しています。それにもかかわらず、HomebrewはMacOSで最も人気のあるサードパーティのパッケージマネージャーであり、AppStoreにない機能を提供します。

Homebrew(brew)を使用して、コアのパブリックリポジトリから数千の「式」(つまりパッケージ定義)をインストール、アンインストール、アップグレードしたり、使用したいタップリポジトリをアップグレードしたりできます。コンパイル済みのMacOSバイナリ(App Storeアプリではなくアプリなど)をコマンドラインからインストール、アンインストール、およびアップグレードする方法として、Homebrewキャスク機能(brew-cask)を使用することもできます。必要に応じて、独自のHomebrewパッケージを作成し、独自のHomebrew式を作成できます。

Homebrewをインストールする

Homebrew自体はMacOS専用であるため、インストール手順はかなり簡単です。少なくとも、OSのバージョンがOS X Lion10.7よりも新しい場合はそうです。Homebrewは基本的に、GitHubからダウンロードした後にRubyスクリプトを実行するだけです。以下のスクリーンショットcurlではwget、前述の理由により、Homebrewがダウンロードに使用するのではなく使用することに注意してください。

Homebrewは、サポートする最も古いOSXバージョンである10.5Leopardに同梱されているRubyバージョンでサポートされているRubyコードにも限定されています。

/ usr / bin / ruby​​ -e "$(curl -fsSL //raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Homebrewのインストールで、XcodeまたはXcodeのコマンドラインツールをインストールするように求められる場合があります。それが行われるかどうか、そしてそれが示唆することは、OSのバージョンとシステムにインストールされているCおよびC ++コンパイラのバージョンに依存します。

Homebrewのインストールページによると、古いバージョンのMac OS X(Lion 10.7以前)を使用している場合は、コマンドに--insecure引数を追加する(または同等-kに、完全な引数リストを作成する-fsSLk)必要がありcurlます。これcurlは、システム上ののバージョンがHTTPSを使用してGitHubと正常に通信できないためです。Homebrewは、それをインストールしてから、それ自体とその依存関係をで更新するように要求すると、それを修正しますbrew update

インストールスクリプトをダウンロードして読むと、Mac OS Xのバージョンが10.5未満の場合に中止するロジックが含まれていることがわかります。それがトリガーされると、スクリプトはTigerBrewを参照します。これは、PowerPCMacおよびTigerを実行しているMacのサポートを追加するHomebrewの実験的なフォークです。

また、現在10.11および10.13に設定されている、古すぎるまたは新しすぎるMacOSバージョンに対してトリガーされる「このバージョンはサポートされていません」という警告もあります。それは自作がないという意味ではありません作業これらのバージョンに。これは主に、開発者がそれらに対してテストしないことを意味します。

Homebrewを使用してパッケージをインストールします

基本的な例として、wgetHomebrewでインストールしてみましょう。まず、ターミナルを起動します。

インストールコマンドは、上の画像にリストされているとおりですbrew install wget。私のマシンでは、以下のかなり長い出力が生成されました。インストールはHomebrewの自動更新で始まり、wgetの依存関係をインストールし、最後にをインストールすることに注意してくださいwget