HPはAutonomyIDOLを個別のサービスに分割します

高度なテキスト処理機能をアプリケーションに組み込みたい開発者は、ヒューレットパッカードのAutonomyソフトウェアユニットが提供しているベータサービス(暫定的にIDOLOnDemandと呼ばれる)を確認することをお勧めします。

PaaS(サービスとしてのプラットフォーム)は、時間の経過とともに、エンタープライズソフトウェアパッケージでのみ利用可能であったHP AutonomyのIDOL(Intelligent Data Operating Layer)検索およびコンテンツ処理プラットフォームのほとんどすべての機能を提供します。

[どのおかしなPaaSを使用する必要がありますか?あなたが決めるのを助けます。| 「クラウドコンピューティングディープダイブ」特別レポートで、クラウドの状態を常に把握してください。| あなたが話しているニュースの迅速で賢い見方については、TechBriefをチェックしてください-今日購読してください。]

HPAutonomyのシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるRobertYoungjohnsは、次のように述べています。

このサービスは、ほとんどのIDOL機能を、API(アプリケーションプログラミングインターフェイス)を介してアクセスできる個別のサービスとして公開します。HPは、エンタープライズ開発者がこのサービスを使用してIDOL機能を独自のアプリケーションに組み込むことを望んでいます。

HPは12月にイニシアチブを発表し、4月または5月に正式にサービスを開始する予定です。

プレビューモードでは、同社はすでにバーコード読み取り、言語検出、フォーマット変換、エンティティ抽出、顔検出、画像からのテキスト抽出、感情分析など、多くのサービスを試験的に提供しています。

今後数か月の間に、HPはジオロケーションルックアップやAPIディスカバリーなどの機能を追加する予定です。IDOLには、非構造化データの検索、フィルタリング、パッケージ化を中心とした約400の機能があります。

「これらすべての機能を同種の製品に含めるのではなく、Webサービスとして個別に公開してみませんか?」ヤングジョンズは言った。

PaaSアプローチは、開発者がすべてのコンポーネントを最初から作成したり、サードパーティのライブラリをインポートしたりすることなく、ソフトウェアプログラムを構築するための簡単な方法を提供します。

たとえば、大量の顧客フィードバックを解析しようとしている開発者は、IDOL感情分析機能にフィードバックを分析させ、肯定的なコメントと否定的なコメントの数の見積もりを返すことができます。これにより、マネージャーはすべてのコメントを読む必要がなくなります。自分自身。

IDOLサービスは、ステートレスAPIと、サービスが実行されるHPクラウド内で永続的な状態を維持するAPIの2つの大きなカテゴリに分類されます。

HPは最初にステートレスAPIの構築に取り組んでおり、必要なデータとともにサービスリクエストが送信され、結果が返されます。

今後、同社はステートフルサービスも提供し、ユーザーはHPがホストするオブジェクトストアにデータを保存できるようになります。IDOLの現在のバージョンである最近リリースされたIDOL10.5は、サービス提供の基盤として機能します。

「将来的には、IDOLのすべてのサービスがこのように公開される予定です」とYoungjohns氏は述べています。同社はまた、これらのサービスと連携するポリシーマネージャーを紹介します。

「私たちがしていることの多くは、データにポリシーを適用する方法についてです」とYoungjohns氏は述べています。

HPの競合他社であるIBMも同様の考えを持っています。今週、IBMは、ミドルウェアソフトウェアポートフォリオの多くをクラウドサービスとして提供すると発表しました。

HPは、これらのサービスで価格設定がどのように機能するかについてはまだ決定していません。

Joab Jacksonは、 The NewsServiceのエンタープライズソフトウェアと一般的なテクノロジーの最新ニュースを取り上げています。Twitterの@Joab_JacksonでJoabをフォローしてください。Joabの電子メールアドレスは[email protected]です。