マイクロソフトは、Windows7のクリーンインストールのトリックが合法であることを確認します

マイクロソフトは本日、ユーザーが回避策を適用して、ライセンスラインを超えている限り、空のハードドライブにWindows7をクリーンインストールできることを確認しました。

今週初めのブログ投稿で、マイクロソフトの世界的なパートナーグループで働くEric Ligmanは、安価なWindows7アップグレードエディションを使用して新しいオペレーティングシステムを空のドライブにインストールする方法を人々に示した話を例外としました。Computerworldは、先週の金曜日に、有名なWindowsブロガーのPaulThurrottによって最初に報告されたアップグレードインストールのトリックを取り上げました。

[21ページの新しいバージョンのWindowsを実際に見てみましょう。| Windowsの実際の状態:ユーザーのアプリ設定とPC構成のライブWindowsPulseモニターを確認してください。]

「過去数日間、さまざまなソーシャルメディアエンジンにさまざまな投稿などがあり、「ハッキング」(人であれ手順であれ)は、Windows7アップグレードディスクが「クリーン」インストールを実行できることを示しています。技術的な観点から、空のドライブにWindows7を搭載した」と語った。

「彼らはしばしば非常に基本的であるが非常に重要な情報に言及するのを忘れていた」とLigmanはThurrottのブログ投稿と他の人による結果の報告について言った。「「技術的に可能」とは、必ずしも合法であるとは限らない」とリグマン氏は語った。

アップグレードメディアを使用してWindows7を空のハードドライブにインストールするには、ユーザーはオペレーティングシステムのEULAまたはエンドユーザー使用許諾契約(PDFをダウンロード)に従う必要があります。「アップグレードソフトウェアを使用するには、最初にアップグレードの対象となるソフトウェアのライセンスを取得する必要があります。アップグレード後は、アップグレード元のソフトウェアを使用できなくなります」とEULAは述べています。

つまり、Ligman氏は、ユーザーはWindows XPまたはVistaの「完全な」小売ライセンスを持っているか、Windows 7のアップグレードが既存のPCに適用されていると仮定して、アップグレードが同じマシンで行われる必要があることを意味します。それに添付された「OEM」ライセンスと呼ばれます。

「Windows7アップグレードの対象となるWindowsライセンスをすでに所有している人はたくさんいるので、これは問題ではありません」とLigman氏は述べています。「以前のバージョンのフルWindowsライセンスを持っていて、Windows 7アップグレードの資格があるため、「クリーン」インストールを実行する権利があります。」

コンピューターメーカーがプレインストールしたWindowsXPまたはVistaを購入したPC(マシンにWindowsの「OEM」ライセンスを適用)では、ユーザーはそのシステムの空のハードドライブにWindows 7アップグレードエディションをインストールできますが、他のLigmanにはインストールできません。追加されました。

「OEMライセンスはフルライセンスです」とLigmanはこのブログ投稿にコメントを書き、ユーザーの質問に答えました。「つまり、OEM +アップグレードにより、アップグレードされたバージョンが得られます。」

マイクロソフトの広報担当者は本日、Windows 7を空のドライブにインストールするためにアップグレードメディア(同じバージョンの「フル」エディションよりも最大100ドル安い)の使用が許可される時期についてのリグマンのアカウントを確認しました。「アップグレードする場合は、正規のWindowsXPまたはWindowsVistaを既に実行しているマシンをアップグレードする限り、いつでもクリーンインストールを実行できます」と彼女は今日すぐに言いました。

Windows 7の「フル」ライセンスに代わる少し安価な代替品であり、空のドライブまたはユーザーが組み立てた新しいPCに適用できるものは、小売りの「OEM」エディションです。

WindowsのOEMコピーは、新しいカスタムメイドのPCにインストールする小規模なシステムビルダーを対象としているため、従来は安価です。ただし、個々のユーザーがOEMバージョンのWindowsを購入してPCにインストールすることを妨げるものは何もありません。

OEMエディションの欠点は、ライセンスによってユーザーがオペレーティングシステムをあるPCから別のPCに転送することが禁止され、あらゆる種類のサポートが提供されないことです。これは、いわゆる「クリーン」インストールにのみ使用できます。オペレーティングシステムがドライブにインストールされた後、データと設定がバックアップから復元され、アプリケーションが再インストールされます。

Computerworldの読者の何人かは、Windows7のOEMライセンスのコストはアップグレードよりもさらに安いと指摘しました。「TigerDirectやNeweggなどの場所からOEMバージョンを購入するだけで、さらに多くのお金を節約できます」と、アップグレードのトリックに関する先週の話の匿名のコメント投稿者は述べています。

Computerworldは先月、Newegg.comを含むオンライン小売業者がOEMエディションを割引価格で事前販売していることを指摘しました。

Neweggは販売前の価格を廃止しましたが、現在、Windows 7 Home PremiumのOEMバージョンは106.99ドル、Windows 7Professionalは139.99ドルで、アップグレードの価格よりもそれぞれ8ドルと49ドル安くなっています。NeweggのOEMエディションは、フルバージョンよりもさらにお買い得です。Home PremiumとProfessionalのフルエディションでは、それぞれ49ドルと142ドルの価格です。

Windows 7のアップグレードとは異なり、OEMエディションを使用して、新しいオペレーティングシステムを真新しい、つまり空白の仮想マシンにインストールできます。これにより、Macを所有し、Windows7を実行したいユーザーなどのユーザーにとってOEMライセンスが魅力的になります。 VMwareの新しいFusion3などの仮想化環境で。

ユーザーは、仮想マシンにWindows 7の3つの異なるバージョン(Home Premium、Professional、Ultimate)を展開できます。これは、Microsoftが2008年1月にWindowsVistaでHomePremiumのEULAを変更したときに発表した緩和されたルールに従います。

この記事、「MicrosoftはWindows 7のクリーンインストールのトリックが合法であることを確認しました」は、もともとComputerworldによって公開されました。