デロイトはコンサルティングユニットをスピンオフする計画を放棄

マイアミ-会計事務所のデロイトトウシュトーマツは、利益相反の可能性を回避するために、ITコンサルティング部門であるデロイトコンサルティングから14か月後に分離することを決定しました。デロイトトウシュは、その決定について「信用市場の逼迫と経済の不確実な状態」を非難した。

したがって、デロイトトウシュは、ITコンサルティング業務を維持している世界4大会計事務所の中で唯一の企業として独立しています。

KPMGは、2001年に新規株式公開を通じてKPMGコンサルティング(現在のBearingPoint)をスピンオフしました。AndersenWorldwideSCは、消滅する前に、2002年にITコンサルティングユニットを複数のバイヤーに分割して売却しました。Ernst&Youngは2000年にITコンサルタントをCapGeminiに売却しました。 。そして、PricewaterhouseCoopersは昨年PwCコンサルティングをIBMに売却しました。

会計事務所がコンサルティング部門から離れなければならなかった大きな動機は、彼らが監査するクライアントに有利なコンサルティングサービスを販売することから利益相反が生じ、監査人の独立性を損なう可能性があるという懸念です。

これは何年もの間問題でしたが、エンロンが2001年後半に破産し、その監査人であるアンダーセンワールドワイドのアーサーアンダーセンが疑わしい会計慣行を通じて大失敗に果たした役割についての質問があったときに、再び注目を集めました。アーサーアンダーセンはまた、エンロンにコンサルティングサービスを販売しました。

その結果、米国証券取引委員会(SEC)は、会計事務所が監査対象のクライアントに販売できるコンサルティングサービスの種類に関する規則を強化し、議会は監査人の独立性の問題に対処するサーベンスオクスリー法を可決しました。 2002年に。

金曜日の声明の中で、デロイトトウシュは、デロイトコンサルティングは「主に非監査クライアントに焦点を当てた幅広い専門サービスを提供し続ける」と述べ、デロイトトウシュとデロイトコンサルティングは「サーベンスの形態と内容に完全に準拠し続ける」と述べました。 -2002年のオクスリー法および米国におけるSECの独立規則、および他の国におけるすべての規制および立法要件。」

2002年2月、デロイトトウシュは、デロイトコンサルティングからの分離を決定したことを発表し、数か月後の6月には、デロイトコンサルティングが独立した非公開企業になり、その大部分がデロイトコンサルティングのパートナーであり、デロイトトウシュは少数株主です。その新しい会社には、ブラクストンという名前さえありました。