新しいJavaSE 7 JavadocAPIドキュメントの外観

前回の投稿では、JonathanGibbonsの投稿What'sUp、JavaDoc?を簡単に参照しました。これは、CSSスタイルシートをドキュメントに適用できるようにする変更を含む、Javadocに対する最近の変更について説明しています。MarkReinholdの投稿JDK7:もうそこにいますか?Java SE 7APIのデフォルトの表示スタイルへの変更について説明します。この投稿では、この変更について簡単に説明します。

次の2つの画面スナップショットは、長年見てきたJavadocドキュメントの従来のデフォルトの外観を示してから、新しいデフォルトの外観を示しています。

このデフォルトのスタイルは、標準のSDKAPIドキュメントに限定されません。また、他のJavaアプリケーション用のカスタムJavadocを生成するためにも使用されます。次の画面のスナップショットは、JDK 7ビルド146(新しいスタイルをサポートするビルド)を使用してAntを介して呼び出されているJavadocを示しています。この場合に作成された例は、私の投稿「心配をやめ、Javaの三項演算子を愛する方法を学んだ」のコードです。

画面のスナップショットが示すように、私は新しいスタイルを適用するために特別なことは何もしませんでした。ただし、次のいくつかのスナップショットに示すように、出力は新しい(そして改善されたと思います)。

生成されたJavadocディレクトリには、というファイルが含まれていますstylesheet.css。このテキストファイルは、外観を簡単に変更するために変更できます。私が変更されたときに、それがどのように見えるか、次の画面のスナップショットショー.rowColor.altColorbackground-colorのをbody

上記の画面スナップショットの色はお勧めしません。これらは、プレゼンテーションの外観を変更することがいかに簡単であるかを示すことを目的としています。

結論

私は新しいデフォルトのスタイルが好きで、JDK 7ビルド146の時点では、新しい努力なしで「箱から出して」提供されます。これはマイナーで大部分が外観上の改善にすぎませんが、それでも歓迎します。

//marxsoftware.blogspot.com/で利用可能な元の投稿(実際のイベントに触発された)

このストーリー「新しいJavaSE 7 Javadoc APIドキュメントの外観」は、もともとJavaWorldによって公開されました。