友達は友達にActiveDirectoryだけを移行させない

私が本当に感謝しているITの世界の1つの側面は、コミュニティの知識と時間に対する寛大さです。先週、人々が自分の経験や修正をオンラインで共有する意思がなかったら、ActiveDirectoryの移行で深刻な問題を抱えていたでしょう。私が恩恵を受けたのはこれが初めてではなく、最後でもありません。

より多くの組織が従来のActiveDirectoryをアップグレードし、ドメイン名をマージまたは単に変更するにつれ、IT管理者は再構築する方法を理解する必要があります。一部の人にとっては、Rendomユーティリティを使用したドメイン名変更プロセスが進むべき道かもしれません。ただし、Windows Server 2003などのレガシーサーバーでプロセスを実行したことがある人なら誰でも、「ドメインの名前変更プロセスは複雑であり、計画と実行に細心の注意を払う必要がある」というMicrosoftの警告に同意するでしょう。

[知っておくべき5つの無料のWindowsServerツール。| マイクロソフトのテクノロジであるマイクロソフトのニュースレターで、主要なマイクロソフトテクノロジを常に把握してください。]

プラス面として、サーバーをWindows Server 2012にアップグレードできますが、Windows Server 2008 R2より古いものを実行している場合は、Windows Server 2012に直接ジャンプできないため、OSバージョンから次のバージョンへのアップグレードが必要になる場合があります。 。そこから、名前変更プロセスを実行できます。認定トレーナーのMohdHamiziによるこの簡単なガイドが示すように、Windows Server 2012では、名前の変更がどのバージョンよりもはるかに簡単です。

先週、名前を変更する必要がある単一のドメインを持つActiveDirectoryフォレストに直面しました。 Windows Server2008で実行されていました。最初にWindowsServer 2008 R2にアップグレードし、次にWindows Server 2012にアップグレードすることを考えましたが、ドメインにも深刻なクリーンアップが必要でした。 Active Directory移行ツール(ADMT)3.2を使用して新しいフォレストに移動し、結果としてActiveDirectoryをクリーンアップすることにしました。これは新たなスタートです。

これは、ADMTを使用した最初のロデオではありませんでした。 2010年にバージョン3.1を使用して、60のドメインにまたがる50,000ユーザーの環境を1つのドメインに移行したことを思い出してください。バージョン3.2ではプロセスはほとんど変更されていませんが、ドキュメントは250ページを超えるさらに大きな獣になっています。とても怪しげだったので、もう一度マニュアルを読むことに直面することはできませんでした。ありがたいことに、私はそうする必要はありませんでした。 TechNet wikiサイトを通じて、「ADMT3.2を使用した森林間移行」と呼ばれる3部構成のガイドを見つけました。このガイドには、プロセス全体を順を追って説明するスクリーンショットが含まれています。なんて命の恩人でしょう。

手順に従って、プロセス全体を数時間で完了しました。この「生きている」ガイドの最も驚くべき点は、24の改訂があり、元のポスターによって行われたものと、売り込んだMicrosoftの従業員を含む他の人によって行われたものです。