IBMはトップスーパーコンピューターのリストを支配しています

地球シミュレータのほぼ2倍のパフォーマンスで、日本の横浜で、月曜日のI​​BMCorp。のBlueGene / Lは、世界最速のスーパーコンピューターのTop500リストで公式に1位にランクされました。IBMは、月曜日の夜にピッツバーグで開催されたSC2004会議で発表される予定だった、年2回のリストにある上位10台のマシンのうち4台を製造しました。

Blue Gene / Lは、はるかに大きな1億ドルのシステムの33,000プロセッサのプロトタイプであり、2005年前半にカリフォルニア州リバモアのローレンスリバモア国立研究所に納入されます。このシステムは、毎秒70.72兆回の計算を実行できます。 Earth Simulatorが2002年に最初に登場して以来、リストのトップに立つ最初の新しいシステムになりました。

IBMによると、ローレンス・リバモアで完全に組み立てられた場合、Blue Gene / Lは推定ピークパフォーマンスが360テラフロップスの13万プロセッサシステムになります。テラフロップスは、1秒あたり1兆回の計算です。

月曜日のTop500ランキングの2位は、カリフォルニア州モフェットフィールドにあるNASA(National Aeronautics and Space Administration)エイムズリサーチセンター向けにSilicon Graphics Inc.(SGI)によって構築された10,240プロセッサの「Columbia」スーパーコンピューターです。51.87テラフロップスのベンチマークパフォーマンスで、35.86テラフロップスで測定されたNECCorp。の地球シミュレータを簡単に上回りました。

バージニア工科大学と州立大学がリストに再び登場し、Apple Computer Inc.のXserveシステムへのハードウェアのアップグレードにより、6月のリストから5か月後に7位で終了しました。バージニア工科大学の「SuperMac」システムは、12.25テラフロップスのベンチマークを報告しました。

Top500リストは、さまざまなマシンの所有者またはメーカーによって自発的に提出された結果から編集されています。これは、システムが特定の数学演算を実行できる速度を測定するLinpackベンチマークに基づいています。

Linpackは、全体的なパフォーマンスの普遍的な指標ではないと批判されることもありますが、Top500リストの上位は非常に切望されており、コンピューターメーカーは、月曜日のリリースを見越して、過去数か月にわたってベンチマーク結果でお互いを凌駕しようと奮闘しています。リストの。

9月、IBMは、Blue Gene / LがEarthSimulatorよりもわずかに進んでいることを示す数値を発表しました。1か月後、NECは今年の12月に65テラフロップスのスーパーコンピューターを構築する計画を発表しました。その発表に続いて、SGIシステムでのLinpackの予備的な結果が発表され、Blue Gene / LとEarthSimulatorの両方に先んじました。

カリフォルニア州バークレーにあるローレンスバークレー国立研究所のコンピューター科学者であり、メンテナの1人であるErich Strohmaier氏は、ベンダー間での異常な量の冗談にもかかわらず、Top500リストは本質的に近年「2人用ゲーム」になっていると述べています。リストの。216のIBMシステムと173がHewlett-PackardCo。によって構築されており、両社はリストにあるシステムの75%以上を構築しているとStrohmaier氏は述べています。

また、リストにあるシステムの大部分は米国で構築されていますが、アジア諸国で構築されているTop500スーパーコンピューターの数は着実に増加しているとStrohmaier氏は述べています。たとえば、中国では17のシステムがリストに含まれていました。「これは、1年前の9つのシステムから大幅に増加しています」とStrohmaier氏は述べています。「私たちが最初の中国のシステムを持ったのはほんの数年前のことでした。」