MicrosoftはOrcasCTPを提供しています

マイクロソフトは、Visual Studioの計画された「Orcas」リリースの2007年1月のCommunity Technology Preview(CTP)をリリースしました。

Orcasは、Windows Vista、2007 Office System、およびWeb向けのMicrosoftの次世代開発ツールであるとMicrosoftは述べています。

Orcasは、開発者が豊富なユーザーエクスペリエンスを備えた接続アプリケーションを構築できるようにすることで、スマートクライアントアプリケーションに対するMicrosoftのビジョンを実現することを目的としています。CTPを使用すると、開発者は今後のツールセットとプラットフォームの改善に取り組むことができます。

CTPには、ADO.Net Entity FrameworkとLINQ(Language Integrated Query)を使用したADO.Netテクノロジを備えたより強力なデータAPIがあります。Windows Presentation Foundationアプリケーションを展開するためのClickOnceの改善と同様に、C#3.0言語のサポートも含まれています。

Office2007のランタイムおよび設計時のサポートが含まれています。

ダウンロードの詳細はこちらからアクセスできます。