DD-WRTまたはOpenWrtを使用してルーターに新しいトリックを教える

前へ12 3 4 5 6 Page5次へ 5/6ページ

悪いフラッシュからの回復

幸い、フラッシュの問題はまれであり、それから回復する方法があります。まず、ハードリセット、またはDD-WRTの人々(および他の人)が呼ぶ「30/30/30」を試してください。

  1. ルーターをネットワークから切断し、ハードウェアリセットボタンを30秒間押し続けます。
  2. リセットボタンを押したまま、電源コードを30秒間取り外します。
  3. 電源を再接続し、リセットを30秒間押し続けます。
  4. リセットボタンを放し、最後にもう一度電源を1分ほど抜きます。電源を回復します。

これにより、ルータが工場出荷時のデフォルト状態にリセットされます。これは、フラッシュ後にルータを正しく起動するために必要になる場合があります。それが機能しない場合は、DD-WRTおよびOpenWrtwikiにリストされているより高度な回復手順の1つを調べる必要があります。これには、前述のTFTPまたはJTAGを介したリカバリが含まれます。真に魔法のようなハッカーは、特にさまざまなファームウェアオプションを試すことを計画している場合は、独自のブートロジック(Micro Redbootなど)をこのミックスに追加する可能性があります。

DD-WRTおよびOpenWrtエクストラ

  • 起動待機。有効にすると、ルーターは起動時に5秒間一時停止し、ユーザーがリモートで接続して、現在のファームウェアがブリックされている場合は新しいファームウェアをフラッシュできるようにします。いつ役立つかわからないので、これをオンのままにしておきます。再起動サイクルからわずか5秒は何秒ですか。
  • ロギング。DD-WRTとOpenWrtは、最も重要なイベントと動作の実行ログを維持できます。ログはローカルに保持することも、syslogデーモンが適切なポートでリッスンしているリモートIPアドレスに書き込むこともできます。これはデフォルトでオフのままにすることができますが、詳細なトラブルシューティングを行う必要がある場合(たとえば、特定のアクションが操作を台無しにしているかどうかを確認するため)にオンに切り替えると便利です。
  • オーバークロック。一部のルーターは、オーバークロック機能、またはメーカーが通常推奨するよりも高速にCPUを実行する機能をサポートしています。特にハードウェアをオーバークロックすると不安定になることが多いため、これが適切な場合はほとんどありません。
  • スケジュールされた再起動。特定の時刻、特定の間隔の後、または特定の曜日にルーターを強制的にリセットすることができます。これによりパフォーマンスが向上すると主張する人もいますが、私自身の経験ではそれほど大きな違いはないようです。ドキュメント(上記のリンク)には、コマンドラインからこれを行う方法が示されていますが、一部のビルド(Buffaloルーターのビルドを含む)では、GUIの[管理] / [キープアライブ]でこれを設定できます。これを使用するには、Cronオプションも有効にする必要があることに注意してください。
  • Telnet。管理(新しいファームウェアを手動でフラッシュするなど)を実行するためにtelnet経由で接続する場合は、telnetデーモンが実行されている必要があります。telnetを実行したままにしておくことによるセキュリティへの影響が心配な場合は、必要になるまで停止できます。