AOLがGmailなどを集約するAltoクラウドサービスを開始

AOLは木曜日に、コンテンツを自動的に並べ替えて「受信トレイの疲労」に対抗し、ユーザーに新しいアドレスの取得を強制しない、新しいクラウドベースの電子メールサービスの限定プレビューを提供しました。

ユーザーに電子メールプロバイダーを変更させることは意味のない偉業ではありませんが、AOLは、ユーザーがすべての電子メールを追跡しやすくすることで、Altoでそれを実現したいと考えています。アルトはそれを行うためにスタックと呼ばれるものを使用します。

[の「クラウドモニタリング詳細レポート」を使用して、大規模アプリケーションと動的インフラストラクチャの課題に対処する新世代のモニタリングシステムを探索してください。今すぐダウンロードしてください!| また、「クラウドセキュリティディープダイブ」、「クラウドストレージディープダイブ」、「クラウドサービスディープダイブ」もご覧ください。]

スタックは、ユーザーの受信トレイから重要なコンテンツを自動的に引き出して整理し、最初のページに表示されるフォルダーにそれらを収集します。

たとえば、ユーザーがメールアカウントを介して送受信するすべての写真は、専用の写真スタックに自動的に分類されるため、ユーザーは長い間埋もれていた写真を簡単に見つけたり、到着した新しい写真をすぐに確認したりできます。AOLによれば、写真は送信者、日付、受信トレイで並べ替えたり、AltoからFacebookやTwitterに直接共有したりすることもできます。

写真に加えて、アルトは添付ファイル、ソーシャル通知、小売業者、毎日のお得な情報のためのスタックをプリロードしています。AOLによると、ユーザーは個々の電子メールをドラッグアンドドロップして、送信者、受信者、キーワードなどに基づいて独自のスタックを作成することもできます。

Altoでは、ユーザーが新しいメールアドレスを取得する手間をかける必要はありません。ユーザーは、Gmail、Yahooメール、AOLメール、または.Macアドレスの資格情報を再利用できます。

現在のところ、Altoは限定プレビューでのみ利用可能であり、先着順で新規ユーザーを受け入れます。ユーザーはaltomail.comのWebサイトで申請できます。