Windows Server2016の上位7つのHyper-V機能

数週間前、私は仮想化の時代とハイパーバイザー戦争が終わったと宣言しました。ええと、「移動」ほど「上」ではありません。つまり、新しい戦い、つまりクラウドの戦争を支持して脇に押しやられました。主要な戦闘員は、VMware、Citrix Systems、およびMicrosoftからAmazon Web Services、Google、および(現在も)Microsoftに変更されました。

ただし、戦いがクラウドに移行したからといって、仮想化でまだ行われている地上戦争の痕跡がないというわけではありません。最新のサルボはMicrosoftから提供されており、Microsoftは間もなく次のバージョンのWindows Server(2016)をリリースし、それに伴い、次のバージョンのHyper-VServerをリリースします。

探すべき主な新機能または改善された機能は次のとおりです。

ディスクリートデバイス割り当て(DDA)。これにより、ユーザーはPCにPCI Expressデバイスの一部を取り込んで、それらをVMに直接渡すことができます。このパフォーマンス向上機能により、VMはPCIデバイスに直接アクセスできるため、仮想化スタックをバイパスします。このような機能の2つの主要なPCIデバイスタイプは、GPUとNVMe(不揮発性メモリエクスプレス)SSDコントローラーです。

ホストリソースの保護: VMが利己的で、他のVMとうまく連携できない場合があります。この機能により、VMは割り当てられたリソースを超えて使用できなくなります。VMが検出された場合(過剰なアクティビティについてVMを監視することにより)、罰せられます。他のVMのパフォーマンスに影響を与えないように、リソースが少なくなります。

仮想ネットワークアダプタとVMメモリへの「ホット」な変更:これらの機能により、アダプタをシャットダウンして再起動することなく、アダプタを追加または削除できます(ただし、Gen 2 VMの場合のみ)。また、動的メモリであってもメモリを調整できます。有効にされていません(これは、Gen1とGen2の両方のVMで機能します)。

ネストされた仮想化: これにより、子VMでHyper-Vを実行できるため、ホストサーバーにすることができます。最終的には、Hyper-Vサーバー上でHyper-Vサーバーを実行できます。これは、開発、テスト、およびトレーニングに非常に役立つ可能性がありますが、本番環境で実行したいことではないと思います。

本番VMチェックポイント:以前はスナップショットと呼ばれていましたが、以前のHyper-Vバージョンのチェックポイントは、VMの状態のスナップショットを取得しました。これは、開発/テストの復元に役立ちます。ただし、これらの「標準」チェックポイントはボリュームシャドウコピーサービス(VSS)を使用しないため、本番環境でのバックアップの使用には適していません。新しい本番チェックポイントはVSSで機能するため、本番環境で実行できるようになりました。

仮想TPMとシールドされたVM。仮想トラステッドプラットフォームモジュール(TPM)を使用すると、物理TPMでPCの物理ドライブを暗号化するのと同じ方法で、MicrosoftのBitLockerテクノロジを使用してVMを暗号化できます。シールドされたVMはファブリックで実行され、仮想TPMを使用してBitLocker(または他の暗号化ツール)で暗号化されます。どちらの場合も、VMはマシンへの悪意のあるアクセスを防ぐTPMの機能を取得します。

PowerShell Direct:これにより、ホストまたはVMのネットワーク構成やリモート管理設定を気にすることなく、VMBusを介してPowerShellコマンドを使用してWindows10またはWindowsServer2016を実行しているVMをリモートで管理できます。PowerShellスクリプトの人々はそれを気に入るはずです。