スターウッドはエンタープライズヴァルハラを目指しています

シェラトン、セントレジス、W、ウェスティンの各ブランドを含む750以上のホテルを運営している場合、ゲストは当然素晴らしいサービスを期待しています。また、Web、コールセンター、または旅行代理店を通じて部屋を予約するときにも、同様に優れたサービスを期待しています。

Starwood Resortsは、年間140億ドルを超える予約を処理するシステム(オンラインで10億ドル以上を含む)を使用して、その古いCOBOLベースおよびIBMメインフレームベースの予約システムが機能していないことを認識していました。そこでホテル経営者は、Valhallaと呼ばれるテクノロジーの刷新に着手しました。これは、コアビジネスアプリケーションをUnixおよびLinuxプラットフォームを使用するサービス指向アーキテクチャに移行するという野心的な5カ年計画です。

スターウッドは、SOA内のデータフローを管理するために、レイテンシが低くパフォーマンス監視ツールであるため、ActionalのLookingGlassおよびSOAPstationソフトウェアを選択しました。ホテルの巨人は、ヴァルハラの最後の大きな部分である予約とロイヤルティシステムが、来年の夏までにテストされ、展開されることを期待しています。

スターウッドは、Webサービス標準に依存することで、メンテナンスコストを削減しながらスケーラビリティを向上させたと、エグゼクティブバイスプレジデント兼CTOのトムコノフィは述べています。スターウッドは、Actionalのダイナミックマッピングテクノロジーが、正確な管理に必要なエンドツーエンドの可視性を提供することを期待しています。

コノフィは、新しいシステムによってスターウッドが年間1,500万ドルから2,000万ドル節約できると見込んでいます。