海賊によってクラックされたWindows7のアクティベーション

マイクロソフトは本日、オペレーティングシステムがRTM(製造へのリリース)を行ってからわずか1週間後、ユーザーに届く予定の1週間前に、Windows7の製品アクティベーションをクラックしました。

Webに投稿されたプロダクトキーは、Microsoftの主要なOEMパートナーの1つであるLenovoからのものであり、Microsoftがオペレーティングシステムの終了を発表した直後に、先週インターネットに漏洩したWindows 7 UltimateRTMのダウンロードコピーをアクティブ化できるようにします。 。

[テストセンター:Windows 7RTMがペースを上げました。| Randall C. KennedyだけがWindowstechで提供できる分析と洞察をのEnterpriseDesktopブログとTechnology:Windowsニュースレターで入手してください。| 無料のWindowsパフォーマンス監視ツールをダウンロードしてください。]

クラックを最初に報告したWindows愛好家のサイトNeowinによると、Windows 7のLenovoディスクイメージが中国語のWebサイトにリークし、その後英語のドメインに移動しました。海賊は、.isoファイルからマスターOEMキーとOEMアクティベーション証明書を取得しました。 Microsoftは、Lenovo、Dell、およびHewlett-Packardなどの主要なコンピューターメーカーが工場で新しいPCを事前にアクティブ化して、顧客の手間を省き、その目的のためにOEMマスターキーを提供できるようにします。

Windows 7は、OEM Activation 2.1と呼ばれる更新されたアクティベーションスキームを使用します。これは、WindowsVistaで最初に登場したアクティベーションソフトウェアの更新バージョンです。皮肉なことに、この技術は、コンピューターメーカーがWindowsをPCにロックするために使用する著作権侵害対策ソフトウェアに関連する会社の文書を盗んだとして起訴された元従業員に対して昨年1月に提起されたMicrosoft訴訟の焦点となっています。

亀裂は、PCのBIOSのハックも必要とするため、気の弱い人向けではありません。アクティベーション2.1には、新しいテクノロジーをサポートするBIOSが必要です。実際、My Digital Lifeなどのサイトのフォーラムには、BIOSのハッキングに慣れていないユーザーからの質問がたくさんありました。

しかし、My Digital Lifeのフォーラムの多くのユーザーは、リークされたキー(および他の人がそれを使用するためにレイアウトしたプロセス)がWindows 7Ultimateの海賊版をアクティブ化したと報告しています。「SLIC2.1(DELL)で変更されたBIOS + Vista用のDELL証明書+このキーを使用して3台のコンピュータをアクティブ化しました」とユーザーは「thavmym」としてのみ識別されました。

マイクロソフトのコピー防止技術が破られたのはこれが初めてではない。Vistaのアクティベーションは数回ハッキングされており、Microsoftに最も人気のあるクラックを破壊するアップデートを発行するよう促すのに十分な量です。たとえば、Vista Service Pack 1(SP1)を配信したとき、海賊がダウンロードしたOSのコピーをアクティブ化するために使用していた2つのクラックを取り締まりました。

マイクロソフトは今日の亀裂を認めましたが、その反応はこのトピックに関する過去の見解と一致していました。「Windows7でのアクティベーションと検証を回避しようとするアクティベーションエクスプロイトの報告を認識しています」と同社の広報担当者は電子メールで述べています。「[しかし]マイクロソフトは、許可されていないソースからWindows 7をダウンロードしないように強くお勧めします」と彼女は付け加え、「ピアツーピアWebサイトは、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアや悪意のあるものなどのリスクの増大にユーザーをさらす」とユーザーに思い出させました。コード。"

5月、ファイル共有サイトに投稿されたWindows 7リリース候補(RC)のリークされたコピーが、トロイの木馬に感染していることが判明しました。

Windows 7は10月22日に一般公開される予定ですが、有料のTechNetおよびMSDNサービスのサブスクライバーは、来週の木曜日から、正規の製品アクティベーションキーとともに最終的なコードをダウンロードできるようになります。

このストーリー、「海賊によってクラックされたWindows 7のライセンス認証」は、もともとComputerworldによって公開されました。