このトリックがないと、OfficeMobileはタブレットPCでは機能しません。

マイクロソフトは昨日、Windows10タブレットPC向けのタッチに精通したOfficeMobileスイートの最終バージョンをリリースしました。ただし、個人のMicrosoftアカウントに関連付けられたタブレットで使用している場合は、企業のOffice365アカウントで機能させるようにしてください。

Windows10用のOfficeMobileアプリ(Excel、PowerPoint、およびWord)を編集するには、Office365サブスクリプションが必要です。(対照的に、iOSおよびAndroidバージョンでは、サブスクリプションがない場合、編集が制限されます。)タブレットPCでこれらのアプリのいずれかを起動すると、そのようなライセンスがあるかどうかが確認されます。

マイクロソフトがそのチェックを行ったときに何が起こるかを台無しにし、検出されたライセンスの不足を解決することを提案することを除いて、それは問題ありません。その結果、そのパーソナルタブレットPCで企業のOffice365サブスクリプションを使用できなくなります。実際、後で説明するように、できます。

Windows10タブレットPCでOfficeMobileアプリを起動すると、アプリはタブレットPCにサインインしたMicrosoftアカウントIDを使用して、そのIDのOffice365アカウントを持っているかどうかを確認します。そうでない場合は、[アクティブ化]ボタンを含むアラートが表示され、既存のOffice365サブスクリプションを使用できるようになります。

それはマイクロソフトが失敗するところです。[アクティブ化]ボタンをクリックすると、Office365にサインインできるMicrosoftOffice 365 Webサイトが表示されます。ただし、PCタブレットでOfficeMobileはアクティブ化されません。Office 365サブスクリプションを購入できます。既にサブスクリプションをお持ちの場合は、サインインしてブラウザーでOfficeOnlineにアクセスできます。

(興味深いことに、SurfaceタブレットPCの新しいMicrosoft Edgeブラウザーでこれを行った場合、Office OnlineはEdgeと互換性がなく、代わりにInternet Explorerを使用する必要があるというエラーメッセージが表示されました。しかし、同僚のWoodyLeonhardはそれを取得できませんでした。彼がSurfacePro 3で同じことをしたときのエラー。)

タブレットPCでOfficeMobileをアクティブ化したと思っていても、アクティブ化していないため、その編集コントロールを使用することはできません。

これがあなたがしなければならないことです:Office Mobileアプリを起動するとき、あなたがアクティブ化する必要があるという警告を閉じて、アプリの右上隅であなたの名前を探す必要があります。あなたの名前がボタンであるという表示はありませんが、そうです。クリックすると、企業(またはその他の)Office365サブスクリプション情報を入力できるウィンドウが表示されます。これを行うと、OfficeMobileは正常に機能します。

マイクロソフトは、個人のデバイスが企業または教育機関のOffice365サブスクリプションにアクセスする可能性が高い企業または教育機関のユーザーについては考えていませんでした。奇妙なことに、Microsoftはこれらのアカウント用に個別のOneDrive for Businessを用意しており、仕事のデータを個人から分離しています。Office365は、個人と仕事の両方のコンテキストで同時に機能するように設計されています。一方の手がもう一方の手が何をしたかを知らないことは明らかです。