Office2010の新機能トップ25

前回のMicrosoftOfficeの改訂から長い時間が経ち、Microsoftが20年前のスイートにどのような新機能を追加できるか想像するのは難しいかもしれません。しかし、Office 2010には、実際に提供できる新しい機能がたくさんあります。まだ知らないかもしれないOffice2010の25の機能を紹介します。

[Office2010の最高のビジネス機能とリモートおよびモバイルユーザー向けの最高のOffice2010機能についてのOfficeWebAppsとその選択に関するテストセンターのレビューをお読みください。]

オフィススイート全体

  • ユニバーサルリボン:リボンインターフェイスは、すべてのOfficeアプリケーションの一部になりました。一部のアプリケーションでOffice2007で最初にリリースされたリボンインターフェイスは芸術的な飛躍であり、ご存知のとおり、リボンが誕生して間もなく、最初の「美術評論家」が登場しました。批評家はリボンインターフェイスをゴミ箱に捨てましたが、真面目なOfficeユーザーはそれを喜んで受け入れています。実際のところ、リボンは機能します。デザインは未来的で、洗練された感触があり、必要に応じて折りたたんで邪魔にならないように折りたたむことができ、カスタマイズすることができます。
  • カスタマイズ可能なリボン:多くのユーザーは以前のOfficeエディションでツールバーを微調整したことはありませんが、他のユーザーは大幅にツールバーを微調整しました。カスタマイズ可能なリボンを使用すると、ユーザーはさまざまなツールやタブを再グループ化でき、管理者はカスタマイズされたリボンを作成してユーザーに配布し、必要に応じてカスタマイズされたアプローチやより単純なアプローチを実現できます。
  • 舞台裏の眺め:それを好きか嫌いか、すべての舞台裏のドキュメント作業のためのこの新しいアプローチは必要な追加です。新しい[ファイル]ボタン(Office 2007オーブに代わるもの)をクリックすると、通常の[保存]、[名前を付けて保存]、[開く]、および[閉じる]のすべての操作にアクセスできます。さらに、ドキュメントプロパティの表示とカスタマイズ、バージョンの管理、互換性の問題の確認、共有目的で非表示のメタデータのドキュメントのスクラブを行うことができます。
  • プレビューの貼り付け:すべてのスイートに含まれているのは、オプションの上にマウスを置いてクリップボードアイテムがどのように表示されるかを確認できる新しいライブプレビュー貼り付け機能です。[ホーム]リボンから、[貼り付け]ドロップダウンメニューをクリックして、オプションにカーソルを合わせます。
  • Office Web Apps: Office 2010には、Windows LiveやSharePointで動作する一連のWebベースアプリケーション(Word、Excel、PowerPoint、OneNoteのオンラインバージョン)が含まれるようになりました。(テストセンターによるOffice Web Appsのレビューを確認してください。)Outlook Web App(新しい名前ですが新しい機能ではありません)は、Exchange2010を通じて引き続き提供されます。
  • 保護されたビュー:インターネットからダウンロードしたドキュメント、ワークブック、プレゼンテーション、およびOutlookの添付ファイルを開くか、何らかの方法で検証に失敗すると、新しい保護されたビューで読み取り専用として開きます。これは、ドキュメントの編集を有効にしない限り、アプリケーションが「サンドボックス」モードで実行され、悪意のあるコードからユーザーを保護することを意味します。これは、Excelがいくつかのバージョンのマクロコードを処理する方法と同様です。
  • その他のテーマ:テーマをWord、Excel、PowerPointで使用して、さまざまなドキュメントの一貫した外観を確保できるようになりました。マイクロソフトはまた、組み込みテーマの数をOffice2007の20からOffice2010の40に増やしました。