MicrosoftがVisualStudio2010サービスパックベータ版をリリース

Microsoftは現在、64ビットシステムのIntelliTraceサポートなどの機能を追加するVisual Studio 2010IDEのサービスパックのベータリリースを提供していると同社の関係者は語った。

MSDNサブスクライバーは水曜日にベータリリースをダウンロードでき、他のユーザーは木曜日にベータリリースをダウンロードできます。Visual Studio2010は4月にリリースされました。

[Visual Studio2010のレビューをご覧ください。| また、:Microsoft Silverlight4とAdobeFlash10.1の比較。| のDeveloperCentralニュースレターで、ソフトウェア開発の最新ニュースと最新情報を入手してください。]

「ServicePack1 [SP1]は、ヘルプサポートの改善、64ビットとSharePointのIntelliTraceサポート、Silverlight 4ツールのボックスへの組み込みなど、最も要望の多かった機能のいくつかに対応することで、開発者エクスペリエンスを向上させる勢いを継続しています」とJason氏は述べています。 MicrosoftのVisualStudioチームのコーポレートバイスプレジデントであるZanderがブログ投稿で。 「このサービスパックの目標は、顧客から聞いた重要な問題の上位セットのみを修正することに重点を置いて、高品質のベータ版をリリースすることに一生懸命取り組むことでした」とザンダー氏は述べています。

その他の機能には、拡張可能な目次などの生産性機能を提供するクライアントアプリケーションであるローカルヘルプビューアや、Direct2DおよびWindowsアニメーションをサポートするWindows7固有のMFCAPIなどのより優れたプラットフォームサポートが含まれます。 .Net3.5の単体テストもサポートされています。パフォーマンスプロファイリングを提供するSilverlightのパフォーマンスウィザードも、VisualBasicコンパイラランタイムスイッチとともに含まれています。

Zanderは、ASP.Net MVC(Model View Controller)ユーザーとVisual StudioAsyncユーザーに注意を促しました。 「ASP.NetMVC3 RCをインストールしている場合、Visual Studio 2010 SP1BetaをインストールするとRazorIntelliSenseが破損することに注意してください」と彼はブログに書いています。 「来週の月曜日に新しいASP.NetMVC 3 RC2インストーラーがリリースされ、インプレースにアップグレードできます。VisualStudio2010 SP1 Betaを既にインストールしている場合は、Beta ServicePackをアンインストールせずに月曜日までお待ちください。 MVCインストールをアップグレードしてください。」

「VisualStudioAsync CTPをインストールしている場合は、Visual Studio 2010 SP1BetaをインストールするとVisualStudio AsyncCTPが破損することに注意してください」とZander氏は述べています。 「VisualStudioAsyncCTPをVisualStudio 2010 SP1と互換性のあるものにする更新リリースのオプションを検討しています。それまでの間、CTPを使用する必要がある場合は、VS2010RTMを使用する必要があります。」

Microsoftの開発者部門の上級副社長であるS.Somasegarは、ブログ投稿でVisual Studio2010の勢いを引用しました。 「今年の4月12日にVisualStudio2010と.Net4をリリースして以来、この製品に対する非常に前向きな反応を見るのはわくわくします」と彼はブログに書いています。 「発売日から6か月以内に、Visual Studio 2010の使用量は、使用状況データの共有を選択した顧客から収集した使用状況データに基づいて、以前のすべてのバージョンのVisualStudioを上回りました。これはVisualStudioの新しいリリースの最速の採用です。これまでになく、Visual Studio2010の採用に引き続き力が見られます。」

マイクロソフトは今週、MSDNサブスクライバーが利用できるVisual Studio Team Foundation Server2010とProjectServer Integration Feature PackBetaもリリースします。「この機能パックを使用すると、TFSとProject Serverを使用してチームメンバー間でプロジェクトのステータスとリソースの可用性を共有できます。機能パックのベータ版の「稼働」ライセンスにより、顧客は本番環境に展開できます」とSomasegar氏は述べています。

また、Entity FrameworkCode-FirstライブラリのCommunityTechnologyPreviewも利用できます。「EFCode-Firstは、データを操作するための非常に優れたコード中心の開発ワークフローを可能にします」と、Microsoft DeveloperDivisionのコーポレートバイスプレジデントであるScottGuthrieはブログ投稿で述べています。

Code-Firstを使用すると、開発者はデザイナーを開いたりXMLマッピングファイルを定義したりせずにビルドし、「プレーンオールドクラス」を記述してモデルオブジェクトを定義し、データベースの永続性を有効にし、オプションで設定より規約に基づく「設定より規約」アプローチを使用できます。永続性。また、流暢なコードAPIにアクセスして、永続性マッピングをカスタマイズすることもできます、とガスリー氏は述べています。

プレビューは現在ダウンロード可能です。

この記事「MicrosoftがVisualStudio 2010 Service Packベータ版をリリース」は、もともと.comで公開されていました。ビジネステクノロジーニュースの最新動向をフォローし、デイリーニュースレターで毎日重要なストーリーのダイジェストを入手してください。