IBMによる鋳鉄の購入とは

IBMが長年の統合アプライアンスおよびオンデマンド統合プロバイダーであるCastIronを購入したという月曜日の発表には驚かなかった。実は、金曜日のポッドキャストにCast Ironの人が何人かいる予定でしたが、彼らは丁寧に遅れました。今、私はその理由を知っています。

購入の理由がわかります。Cast Ironは、新しいSaaSスペースに焦点を合わせ始める前の、この10年の初めからアプリケーション統合アプライアンスを提供しており、Salesforce.comおよびOracleCRM向けの最初のすぐに使える統合ソリューションの1つを提供しています。リーダーシップが変わった後、最近、統合オンデマンドスペースに移行し、コア統合サービスをクラウドから排除しました。

[編集者の21ページのクラウドコンピューティングディープダイブPDF特別レポートで、クラウドコンピューティングを実際に活用するために必要な実用的な説明とアドバイスを入手してください。| のクラウドコンピューティングレポートニュースレターでクラウドを常に把握してください。]

Cast Ironの買収は、IBMが統合スタックに持っていたいくつかの穴を埋め、IBMは、求められている機能を構築するのではなく、購入することを好みます。実際、IBMのソフトウェア部門は2003年以来55以上の買収を行っており、Cast Ironは、おそらく別のミドルウェアベンダーを含め、今年の夏に発生する数少ないものの1つになると思います。

Cast Ironは、Saga Software(あなたは本当にCTOでした)、WebMethods(現在はSoftware AGの一部)、SeeBeyond(現在はSunの一部であり、現在は一部です)などに続く第2世代のアプリケーション統合テクノロジーベンダーです。 Oracle)、およびMercator(現在はIBMの一部です。あなたは本当にCTOになっています)。Cast Ironは、アプライアンスとして提供される非常に単純化された統合エンジンを提示しようとしていたため、「ドロップアンドゴー」タイプの展開を提供していました。最初は完璧ではありませんでしたが、継続的な改良により、統合テクノロジーが向上し、Salesforce.comからエンタープライズへの統合などの特定の問題ドメインをすぐにローカライズできました。