Exchange 2016:Exchange2013だと断言できます

マイクロソフトは先週、Exchange2016のベータ版をリリースしました。Exchange管理のプライマリUIであるExchange管理センター(EAC)をクリックすると、インストールしたインストールファイルを再確認せざるを得ませんでした。Exchange 2013とまったく同じように見えたことを誓います。主要な機能の追加や、主要なUIの調整はありません。

Exchange 2016の実際の違いを確認するには、詳細を深く掘り下げる必要がありました。答えは、Exchange 2013よりも少しクラウド指向です。ただし、Microsoftは、Exchange 2016はクラウドで生まれたと言っていますが、私はそうしません。それは概念的に正確だと信じています。「クラウドによって強化された」は、より正確なステートメントです。

Exchangeは、Office 365に付属するクラウドベースの使用量の増加に対応するために進化しているオンプレミスツールです。フェイルオーバー速度と検出破損の改善を改善するために、データベース可用性グループ(DAG)が改善されています。これらの機能強化は、非常に多くのサーバーとDAGを24時間年中無休で使用してExchangeOnlineを実行することによる直接的なメリットとしてもたらされます。

Exchange 2016の大きな変更の1つは、アーキテクチャの変更です。Exchange 2013には2つの主要な役割(メールボックスとクライアントアクセス)がありましたが、これらは1つの役割(メールボックス)に統合されました。その単一の役割には、すべてのクライアントアクセスプロトコル、トランスポートサービス、およびユニファイドメッセージングサービスが含まれます。もちろん、多くのExchange管理者は、しばらくの間、ベストプラクティスとして、展開でサーバーの役割を組み合わせてきました。Exchange 2016では、ベストプラクティスから展開可能な唯一のオプションになります。(ただし、エッジトランスポートの役割を境界ネットワークに個別に展開して、オンプレミスのセキュリティ層を追加することもできます。)

注目に値するその他の機能強化は次のとおりです。

  • MAPI over HTTPは、Outlook接続のデフォルトプロトコルです。MAPI over HTTPをサポートしていないクライアントを使用する場合、デフォルトでRPC overHTTPになります。
  • 検索にはいくつかの改善点があります。Microsoftはその速度と一貫性でしばしば批判されています。新しい電子情報開示ツールであるコンプライアンス検索は、大規模な検索のスケーリングとパフォーマンスを向上させます。Outlook Web App(現在は単にOutlookと呼ばれています)には、結果の関連性を強化するための新しい検索候補と絞り込み条件があります。
  • OneDriveとSharePoint、および新しいOffice Web Appsサーバー(OWAS)とのコラボレーションオプションが強化されています。
  • ExchangeOnlineの自動拡張アーカイブはExchange2016に付属しています。この機能により、メールボックスを50 GBのチャンク(チェーンで接続)で拡張できるため、単一のビューがユーザーに表示されます。ただし、アーカイブ全体を表示するには、Outlook2016が必要です。他のデスクトップクライアントには、最初の100GBしか表示されません。モバイルクライアントはまだアーカイブを見ることができませんが、おそらく正式なリリースによって変更されるでしょう。
  • データ損失防止(DLP)が改善されています。たとえば、80種類の機密情報を識別、監視、保護できるようになりました。これは、80種類の機密情報を検索できるようにするトランスポートルールの改善と関連しています。 Exchange 2016は、ExchangeOnlineにすでに存在する機能であるドキュメントフィンガープリントもサポートしています。
  • ハイブリッド構成の実装が改善されました。 Exchange 2013のハイブリッド構成ウィザード(HCW)により、Office 365の展開が容易になり、Exchange2016はその取り組みを継続しています。 1つの利点は、メールボックスがまだオンプレミスである場合に、メッセージ暗号化やAdvanced ThreatProtectionなどのクラウドベースの機能を使用できることです。オンプレミスに対応するものがないExchangeOnline機能は多数ありますが、ハイブリッド構成では、オンプレミスExchangeでこれらのオンライン専用機能を使用できます。これは、2つの世界をより良く連携させるための良い方法です。

この最新バージョンのExchangeには、言うべき「すごい」機能はありません。これは、Exchange 2007が継続的なレプリケーション、統合メッセージング、およびPowerShellを提供していた過去からの劇的な変化です。Exchange 2010は、データベース可用性グループを提供してくれました。Exchange 2013は、EAC、DLP、および新しいインフォメーションストアを提供してくれました。

対照的に、Exchange 2016には、より多くのサービスパックの雰囲気があります。

新機能がないため、いくつかのメッセージがはっきりと聞こえてきます。手始めに、Microsoftは本当にクラウドに移行しており、そのオンラインツールは、オンプレミスではなく、イノベーションを見つける場所であると述べています。

Exchange 2016は、Microsoftが宣伝する「クラウドファースト」戦略への明確な移行です。「クラウドのみ」ではありませんが、それは時間の問題です。